コロナハラスメントにお気をつけください

掲載日:2020.08.11

コロナハラスメントにお気をつけください

皆さん、こんにちは。
今日は昨今の医療の中で感じている事をお伝えします。

当院では、他院が診察できない発熱患者さんを発熱外来(帰国者接触者外来)で診察しています。
最近は診察時に患者さんから「検査で証明してください。でないと仕事ができません。」と新型コロナの検査を求められる方も増えてきました。職場も家族も友人からも「コロナでないと証明されるまで」「絶対安全になるまで」自分が病原体になったような、存在を認められないかのような無言の圧力を受けている、と患者さんは訴えられます。
セクハラ、パワハラ以上の【コロナハラスメント】です。

発熱外来では症状に応じて必要なかたにPCR検査も行っております。

自費診療での抗体検査/PCR検査も企業活動の安全な再開、ビジネスや留学などの海外渡航、里帰り出産や家族の介護などで新型コロナウイルスの陰性証明書が必要な個人・企業・団体の方向けに始めました。

今、世間は非常に息苦しいですね。

友人とのカラオケ、会食、夏休みの旅行、故郷の家族に会う事、
職場の人との立ち話、ライブに行く事、冠婚葬祭

新型コロナの流行前には「何でもない普通の日々」だった事が、今は「してはいけないこと、迷惑をかけること、我慢しなくてはいけないこと」になってしまい、それを以前と同じように楽しむことは「悪いこと」のような気がしてしまいます。
そしてコロナを恐れる世の中の空気が、「普通の生活」に戻る事を許してくれません。

テレビを見ると新型コロナの患者数は毎日増えていますし、(検査数も増えているのですが)
ワイドショーでは毎日、毎日怖い情報に溢れています。

「(自分が)コロナにかかったら迷惑を掛ける」
「迷惑かけている人はこんな人」
「コロナが発生した店の実名報道」
「政治が悪い、誰かが悪い」

メディアが国の発表を流し、批判を重ね、悪者探しをして、病気になったら、社会に弱みを見せたら「非国民」のような扱いを受ける社会はまるで戦争中のようです。

コロナの流行がいつ終わるのか、いつ生活が戻るのか。
こんな世の中が、早く元に戻って欲しいと思います。

「みんな誰かを心配し、みんな誰かを許せない。」
「遠くのメディアの情報を信頼して、近くの誰かを疑う。」
「誰かに悪をおしつけて、自分の善を確認する。」

世の中が【コロナハラスメント】に溢れています。

でも落ち着いて、冷静に周囲を見直しましょう。新型コロナ流行で変わってしまったものもあれば、変わらない大切なものも沢山あります。

 

当院では地域の皆さんのためにきちんとした診療と、情報を提供していきたいと思います。